『プレ・ピアノコース』1名様ご入会☆ありがとうございます

こんにちは。

ニコニコピアノ教室 講師の小西です。

開設したばかりの『プレ・ピアノコース』で体験レッスンを受けてくださった2歳児さん。お母さまとおばあさまと一緒に来られてその日に入会を決めていただきました。このご縁に心より感謝いたします。これから一緒に音楽を楽しんでいきましょうね♪

私も初めてのコース、お客様のご要望を聞きながら進めていけたらと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は

プレ・ピアノコース開設の目的について書いていこうと思います。

 

 

音楽をより楽しむために♪をテーマに

 

お母さんお父さんが歌う童謡や親御さんの好きで流している音楽をお子さんは自然と耳にしていると思います。

体が音楽に乗ってきたり、そのうち歌詞で歌えるようになるかもしれません。

そんな自然な流れにもう+α『自ら表現できる』

これが当教室の目指すところです。

 

 

基本は拍子

1.2|1.2|1.2|1.2|

1.2.3|1.2.3|

1.2.3.4|1.2.3.4|

拍子を刻むことがリズムを刻む前提です。

たくさん音楽を聴いて体で拍子を感じましょう。

レッスンでは、幼児にも分かりやすいように、一連の楽譜は使わずに主にカードを使った習得を行います。

 

指が指令通りに動くか

1.2.3.1|3.4.5うん|

楽譜には音符と一緒に指番号がついています。

10本の指が動くための練習は鍵盤の上だけではありませんよ。

ドレミ同様に、指番号も声に出しながら指を動かすとよいですね。

レッスンでは、「できた!」が出てくるまでゆっくり行います。

 

音楽とは何かを感じる

拍子を感じながら音楽を聴いた、歌った、弾いた、その先は「感じてもらいたい」のです。

綺麗だな、激しいな、恐ろしいな、可愛らしいな、面白いな、愉快だな、悲しいな…

ピアノには言葉はありませんが情景はあります。その反対に音楽はないけど目に見えるもの、絵画です。感じることをその場で書き出すことが音と感情のつながりを濃くすると考えます。

レッスンでは、幼児にも取り組みやすい絵を描く(紙に書き出す)ことを行います。

 

 

「音楽は感じろ」とは言ったものですが、音符を読むのに必死、弾くのに必死になる前に、幼児の吸収力抜群なこの時期にこそ、『感じる心』を育てていきましょう。

我が子はもっぱらEテレの乳幼児向け教養番組を見ていますが、リズム感は良いです。隣でメリハリのある手拍子を打ってあげると子どもの拍子感覚の吸収力は高くなると思います。もっと小さい頃は両手や両足に触れてあげて童謡などを歌ってあげるとよいですね。体に拍が刻まれます。今ではトランポリンで跳ねながら歌ったり、童謡に適当にリズム楽器を入れられます。チャイコフスキーのくるみ割り人形が流れたらバレリーナのつもりで優雅に踊っていますし、アップテンポの洋楽が流れたら手ぶりでよく刻んで体でリズムに乗っています。

ピアノを始める前のお子さんのための、『音楽を感じる』手伝いが出来るようにとこのコースを開設しました。

2歳児のための『プレ・ピアノコース』レッスン内容にご興味のある方は是非一度体験レッスンにいらしてください♪

幼児さんの生活リズムに合わせて午前中のレッスンも可能です。お問い合わせくださいませ。

 

教室でお会いできるのを楽しみにしております。

 

2020年9月吉日

ニコニコピアノ教室 講師 小西 史織